2010年06月27日

Band of "Acid Night Dew"

ショーターさんの曲先に作詞歌入れ。
こういうノリのいい曲大好きです!

作詞のテーマは「一喜一憂」。
ネガティブの比重多すぎたかなとちょっと反省。

そのままでも十分格好良い元曲はこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うたた


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


*Band of "Acid Night Dew" 詞/ロック屋 曲/ショーター 歌/ロック屋


僕が歌を歌うから 君はギターを弾いてよ
ベースもドラムもまだ居ないけどさ
僕らがバンドを組めたら 間違い無しだろ?

バイトに行った帰り道に
ギブソンのギターが落っこちてた
中々良い音出るってのに
ギブソンのギターは捨てられてた
「就職して働くんだ」って
あいつはギターを捨てちまった
何時の間にか 真っ暗闇
ギブソンのギターはあいつのもの
弦が虚しく輝いてるよ

僕がギターを弾くから 君は歌を歌ってよ
ベースもドラムもすぐ集まるさ
僕らがバンドを組めたら 間違い無しだろ?

ライヴをやった帰り道で
行く宛も無く さまよってた
バイトもクビになっちまったし
あいつは喧嘩で骨を折った
貯金も底を付いちゃったし
新しいバイトも見つからない
次回のライヴも決まらないし
ギブソンのギターは腐りかけだ
今日は楽しかったな

僕らが演奏するから 君はお金をおくれよ
カッコ良いロックを聴かせてあげるからさ
僕らが演奏するんだ 間違い無しだろ?

拍手喝采 盛り上がって
僕らのライヴは幕を閉じた
売上額はほんのちょっぴり
これじゃあ家賃も払えないぜ
スタジオあんまり入れないし
レパートリーもあんまり無い
バイトも給料下げられたし
ライヴのお客は減る一方
諦めてたまるか Oh Yeah
posted by ロック屋 at 00:06| 千葉 ☔| Comment(1) | 作詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

きみがいると

可愛いらしさを追求してみた系第二弾。耳レイプ音源なのは言うまでも無い。
無駄なオートパンって楽しいよね。やるぶんには。

可愛らしさ溢れる元曲はこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うた


おまけ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

*きみがいると 詞/みつゅ(449スレ106)・トドロキ 曲/トドロキ 歌/ロック屋

きみがいると、
ぼくは なんだか へんになってしまうので

あいたいような
あいたくないような

フクザツなきぶん

きみといると、
ぼくは なんだか ぼくじゃなくなってしまうので

ふれたいような
ふれたくないような

フクザツなきぶん

あいたいような
あいたくないような

フクザツなきぶん

わっふるわっふる
posted by ロック屋 at 23:58| 千葉 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

パンパカパーン

たまにはと思って可愛らしさを追求してみたけど結局耳レイプ音源に収束した。名曲が台無し。
もはや名曲とも言える元曲はこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うたった


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

パンパカパーン : 作詞/27Q 作曲/Gno4166

君が幸せになったんだって 聞いたんだ
君が家庭を築いたんだって 聞いたんだ

ああもう あの時のように馬鹿笑いも出来ないじゃん
でも 君がその場所で笑っているんなら 良いかな

ならせめてお祝いさせてよ ハッピーを育てるために
幼馴染なのだから 唯一の女友達だから
せめてお祝いさせてよ あの時みたいに笑ってね
それが君に対する気持ちです それが君を愛する気持ちです

君が幸せになったんだって 聞いたんだ
君が嬉しそうだったんだって 聞いたんだ

ああもう 昔のように一緒に居るのが辛いじゃん
でも 君が好きな彼とずっと居れるんなら 良いかな

ならせめてお祝いさせてよ ハッピーを育てるために
幼馴染なのだから 唯一の女友達だから
せめてお祝いさせてよ あの時みたいに笑ってね
それが君に対する気持ちです それが君を愛する気持ちです
posted by ロック屋 at 22:32| 千葉 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ロックの日

すっかり忘れてた。
1時間くらいで出来ることっていったらこれくらいしか思いつかなかった。

ぎたった
posted by ロック屋 at 23:58| 千葉 ☁| Comment(0) | ギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

旅路の果て

なんかビビッと来たんで俺が一晩でやってくれました。
アカペラはこちら

−―−―−―−―−―−―−―−―−―−―−―−―−―−

歌入り(歌/ミヤコさん)


オケ


−―−―−―−―−―−―−―−―−―−―−―−―−―−

*旅路の果て 作詞/ミヤコ 作曲/ミヤコ 編曲/ロック屋

私は 私は
どこまで歩けば
辿り着く場所は
何も見えない

苦しくて跪いた
背中に感じるアスファルトは冷たい
痛みと好奇心が混ざり合って
吐き気がする

閉じられた世界から解き放たれ
とうとう手に入れた私のこの自由は
描いていた美しいモノなんかじゃなかった
足掻いても足掻いても繰り返す
不完全な大人になってしまった私の
見えない恐怖が目の前でチカチカ光る

何度も 何度も
求めては捨ててきた
滑稽な私には
罰しか与えられない

どんな言葉よりも
見捨てられる事が一番怖いってのに
いつも自分から踏み外しては
崩れていった

自由とはキラキラと輝いて
幸せに満ち溢れていると信じてた
何も知らず大人になるという膨大な罪
足掻いても足掻いても繰り返し
泥の中動けない無様な私を
救う者はこの世界にはもういない

愛されていても疑ってしまう罪
愛を素直に受け止められない罪
自由を手に入れたというのに
私が私を愛せない罪

足掻いても足掻いても繰り返す
不完全な大人になってしまった私は…

どうか動いて、すぐに動いて
どうか動いて、すぐに動いて…

あばばばばばば
posted by ロック屋 at 00:11| 千葉 ☔| Comment(2) | アレンジ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。