2010年06月26日

きみがいると

可愛いらしさを追求してみた系第二弾。耳レイプ音源なのは言うまでも無い。
無駄なオートパンって楽しいよね。やるぶんには。

可愛らしさ溢れる元曲はこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うた


おまけ


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

*きみがいると 詞/みつゅ(449スレ106)・トドロキ 曲/トドロキ 歌/ロック屋

きみがいると、
ぼくは なんだか へんになってしまうので

あいたいような
あいたくないような

フクザツなきぶん

きみといると、
ぼくは なんだか ぼくじゃなくなってしまうので

ふれたいような
ふれたくないような

フクザツなきぶん

あいたいような
あいたくないような

フクザツなきぶん

わっふるわっふる
posted by ロック屋 at 23:58| 千葉 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

パンパカパーン

たまにはと思って可愛らしさを追求してみたけど結局耳レイプ音源に収束した。名曲が台無し。
もはや名曲とも言える元曲はこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

うたった


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

パンパカパーン : 作詞/27Q 作曲/Gno4166

君が幸せになったんだって 聞いたんだ
君が家庭を築いたんだって 聞いたんだ

ああもう あの時のように馬鹿笑いも出来ないじゃん
でも 君がその場所で笑っているんなら 良いかな

ならせめてお祝いさせてよ ハッピーを育てるために
幼馴染なのだから 唯一の女友達だから
せめてお祝いさせてよ あの時みたいに笑ってね
それが君に対する気持ちです それが君を愛する気持ちです

君が幸せになったんだって 聞いたんだ
君が嬉しそうだったんだって 聞いたんだ

ああもう 昔のように一緒に居るのが辛いじゃん
でも 君が好きな彼とずっと居れるんなら 良いかな

ならせめてお祝いさせてよ ハッピーを育てるために
幼馴染なのだから 唯一の女友達だから
せめてお祝いさせてよ あの時みたいに笑ってね
それが君に対する気持ちです それが君を愛する気持ちです
posted by ロック屋 at 22:32| 千葉 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月05日

夜の散歩



夜の散歩
作詞:尽 作曲:つくね

眠れない夜 星見えぬ紫の空 電灯数え歩く
自販機は惑星 コンビニは恒星
どこまでも 飛んでけるよな気がして
いつまでも 飛んでけるよな気がして

僕はおんぼろ宇宙船 推進力は猫缶ふたつ
鉄塔の上アンタレス ビルの上リゲル・シリウス
このままずっと 遠くまで

泣きそうな夜 星見えぬオレンジの空 電灯数え歩く
自動車は彗星 街の灯(あかり)は星雲
どこまでも 飛んでけるよな気がして
いつまでも 飛んでけるよな気がして

僕はおんぼろ宇宙船 推進力は猫缶ふたつ
鉄塔の上アンタレス ビルの上リゲル・シリウス
このままずっと 遠くまで 引力飛び出し 遠くへ
posted by ロック屋 at 20:53| 千葉 ☀| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

赤い花

めーりんさんに対抗して叫びました!
あとこっそりギター1本追加しました。
結構フィーリングで歌ったからメロとかだいぶ違うと思うけど許して!

------------------------------------

叫んだの


ギター追加版オケ


------------------------------------

まとめ:http://www36.atwiki.jp/akatonbowiki/pages/57.html

*赤い花 作詞/一(にのまえ) 作曲/にられば 左ギター/ロック屋

皆で数えて49 犬のエサなら腐るほど
真っ青な空には 何が浮かんでいるかは
知らないほうがいい事もある

1000のカーネーションの海で赤く染まって
1000のカーネーションのベッドで深く沈む 眠る
1000のカーネーション・・・

皆で数えて49 1つ足りなければ誤魔化せば
群青色した空から落ちる 雨降る昼に犬が鳴く
要らないものも要る事も

1000のカーネーションの海で赤く染まって
1000のカーネーションのベッドで深く沈む 眠る
1000のカーネーション・・・

1000のカーネーションが部屋を赤く染めて
1000のカーネーションが全部赤く染めて
1000のカーネーションが
1000のカーネーションが

1000のカーネーションの海で赤く染まって
1000のカーネーションのベッドで深く沈む 眠る
1000のカーネーション・・・
posted by ロック屋 at 20:09| 千葉 ☀| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月02日

マガジン

歌わせて頂きました。へったくそwwwwwwww
低音が出せる男になりたいです。

まとめ

歌いました><


------------------------------------

マガジン  作詞・作曲/ミヤコ アレンジ:餡の雲

僕は置き去りにされるマガジン
読まれるだけ読まれて買われもしないで
放ったかされるマガジン
自由をもとめて 助けをもとめて
懸命に腕を伸ばしてみても
アンタは気づかないでしょう

僕は置き去りにされるマガジン
相変わらず買われもしないマガジン
上の方にあって ボロボロにされて
場所が悪かったって言い聞かせてた

僕の歌は 僕の歌は アレと同じ
だけど今は だけど今は 僕のステージ
今だけ此処にいればいい

結果が同じなら 満足しか得られないなら
何をしたって無駄 誰を選んだって同じ

僕の歌は 僕の歌は アレと同じ
人の夢も この想いも 破り捨てられるマガジン
誰も皆 誰も皆 孤独にヒキコモリ
だけど今は だけど今は 僕のステージ
今だけ僕の事を見てればいい
今だけ此処にいればいい

後は焼かれて灰になるだけ わかってる
posted by ロック屋 at 20:51| 千葉 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月18日

リキッドスウィーツ

tdrkさんからリクエストされちゃったので歌っちゃいました><

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

液体にしちゃらめぇええええ><


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

*リキッドスウィーツ 作詞/tdrk 作曲/Gno4166 歌/ロック屋

まだ歯ごたえを求めてるのか
それより喉ごし求めないのか
グランドメニューには見当たらない
液体スイーツ(笑)など見当たらない

溶け始めた思い出を 跡形もなく流し込んでくれ
絡み合うようなこの気持ち 跡形も無くかき混ぜてくれ

リキッドスウィーツ どこまでも溶ける
リキッドスウィーツ 激情の夏
リキッドスウィーツ 一口で飲める
リキッドスウィーツ 液状になる

「俺を飲み込んでくれ」
posted by ロック屋 at 21:06| 千葉 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

twitty

twitterじゃないよ!
twittyだよ!

もっと声質がロックな人が歌うと良いと思うよ!
しかしこれは良いグランジ・・・原曲はこちら

---------------------------------------------------

Twitter


---------------------------------------------------

wiki未掲載なので再掲リンク(詞):http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/music/21567/1247484843/933

*twitty 詞/まらいあ 曲/LOMO 歌/ロック屋

あれと気づいた時には
もう底に居た異端児

それを解った時には
もうそこに居ない感じ

twitty twitty
馬鹿だったんだよ結局
twitty twitty
玉乗りもとっくに終わってた

奴が沈んだ時には
僕いつも慰めたよ

奴が歪んだ時には
僕なぜか諦めたよ

twitty twitty
君だったんだよ結局
twitty twitty
サーカスはとっくに始まっていたんだから

twitty twitty
馬鹿だったんだよ結局
twitty twitty
玉乗りもとっくに終わってた

---------------------------------------------------

と、tdrkさんと被っちゃった気がするけど、そ、そんなの関係ないもんね!!
posted by ロック屋 at 18:50| 千葉 ☁| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

ペシェ

前々から歌いたかったものを勢いで歌ってみたけど下手糞過ぎワロス
リズムがががががががががががががががが(ry

素敵な原曲はこちら

---------------------------------------------------

うたったの


---------------------------------------------------

*ペシェ  作詞/カリバネム 作曲/mohu

甘い香りがして 君が振り向いたら
もっと嬉しい生活が 始まりましたとさ
悪くないストーリーだ

でも君の目には 赤い火が灯ってて
すぐに猫目のスパイダーは焼かれちゃいましたとさ
笑い飛ばしちゃってよ

ララ こんなに小さな蕾が割れたら
でっかい世界が変わってくよ
ちゃんと覚えた指先 巻き戻ししたい
頬っぺたがまた光ってる

暗い道の先に 春が待ってました
そんな夢さえ本当に変えちゃいましたとさ
躊躇ってちゃ駄目だよ

ほら こんなに小さな蕾が割れたら
日常が手招きしてるよ
ちゃんと握った鉄くず 届くまで歩く
もう一度だけアイラビュー

ララ こんなに小さな蕾が割れたら
でっかい世界が変わってくよ
ちゃんと覚えた指先 巻き戻ししたい
頬っぺたがまた光ってる
頬っぺたがまた光ってる

---------------------------------------------------

最近歌コテ化してきてるけど作曲がスランプだからですきっと
posted by ロック屋 at 22:54| 千葉 ☁| Comment(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月14日

太陽と花

衝動的に歌いたくなったので歌った。後悔は(ry

しかしこの曲、詞も曲も良過ぎる。
俺が歌うと問答無用で劣化するレベル。

劣化版「太陽と花」


オケ餡の雲さんから頂きました。ありがとうございました。


 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

*太陽と花  作詞λ 作曲/かふかふ(545スレ440)
空に向かって伸びるこの太陽は いつも君を思い出させる
いつも元気に笑っていたおまえは 小さな太陽みたいだった

過ぎた時 過ぎるとき 終わらないことはない
明日が来る 時に出会い 今日が今日でなくなる

花びら散らず 黄色い花
明日を向いて 黄色い花
振り向けばそう 黄色い服
「ただいま」という 黄色い笑顔

ふたり並んで話す海辺の町は 昔から変わらなくて
いつも元気に笑っていたお前は 昔と変わらない太陽だ

今日の夜 明日が来る 止まるときは終わり
秋が来て 冬が来る 一巡して夏が来るはず

太陽の種 黄色い花
明日に撒いて 黄色い花
前の前にまた 黄色い服
「行ってきます」と 黄色い笑顔

「いってこい」と言う 涙と笑顔
posted by ロック屋 at 19:43| 千葉 ☁| Comment(3) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

矢印

ミヤコさんとコラボしました!



posted by ロック屋 at 21:25| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

フラッシュバック

ご近所迷惑を顧みずに歌ってみた。
頑張ったけど所々酷い。

元曲はこちら

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

歌でっすよー


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

フラッシュバック  作詞/365スレ27 作曲/つる

環状線の君を刺して
暗転してゆく夢を見せて
会えることももうなくなった
感情性の花と化して
回転してゆく星を魅せて
会えることももうなくなった

アイディアが君を殺して 世界に飽きて
揺れている花を枯らして 君に怯えて

いつか目を醒まして
曖昧な自由がフラッシュバック
傷が身を焦がして
曖昧な理由がフラッシュバック

君の誘惑が怖くなって


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

鼻の調子が悪くてミックスボイスが出なくて泣いたけど叫んでも案外良い感じになったので妥協したのは秘密。
posted by ロック屋 at 23:59| 千葉 🌁| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月26日

春の歌

語りとか大好物ですぜ下手糞だけど
曲調も好きで思わずオケ注文してしまいましたぜ…

ってわけで歌いました。歌うだけってのは初かもしれない。

元曲はこちら

春の歌


おまけ




*春の歌  作詞/カリバネム 作曲/LOMO

知れること 一つも知らずに何年目
瞼のクモの巣 春の歌
不思議だろ おかしな物だけ追いかけて
君は笑うかな 粉々に

かすかなものが 光ることはない
同じ響きを探してたいだけ
まだ見ぬ君が こころ満たすのさ
邪悪な季節 邪悪な季節

急ぐほど 転げて落ちたらこうなった
君は笑うかな くしゃくしゃに

目覚めたハチが生きるこの惑星で
夢には遠い夢に溢れたら
メバナの君は風に揺れるのさ
邪悪な季節 邪悪な季節

白い胸と胸 触れ合う幻 思い続ける虫です

かすかなものが 光ることはない
同じ響きを探してたいだけ
まだ見ぬ君が こころ満たすのさ

目覚めたハチが生きるこの惑星で
夢には遠い夢に溢れたら
メバナの君は風に揺れるのさ
邪悪な季節 邪悪な季節

まだ見ぬ君が 僕を満たすのさ
まだ見ぬ季節 邪悪な季節

不思議だろ おかしな物だけ追いかけて
君は笑うかな 粉々に
posted by ロック屋 at 22:03| 千葉 ☀| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。